お金を借りるには勤続年数も影響が大きい審査要素

銀行や消費者金融でお金を借りるときは、様々な項目を審査されます。
一般的に重要視されているのは、収入と勤務先です。
高収入で公務員や大企業の正社員なら借りやすいとされ、反対にパートやアルバイトなどは、お金を借りるのが難しいイメージを持たれています。
しかし、銀行や消費者金融でお金を借りるときの審査項目は、収入や勤務先だけではありません。
現在勤めている企業に入社してこれまでの勤続年数も、審査の可否に大きな影響を与える要素です。

勤続年数がお金を借りるときの審査で重要視される理由は、申込者本人の安定性を見るためです。
すぐに仕事を辞めて転職を繰り返す人は、現在の仕事を長く続けるとは限りません。
勤続年数が短い人はまたすぐに辞めてしまう可能性が高いため、銀行や消費者金融は安心してお金を貸すことができないのです。
また、勤続年数が10年を超える人と入社して1ヶ月足らずの人では、同じ勤務先でも信用度が違うのは当然です。
一つの企業に真面目に勤め続けられるのか、それを見極めるためにお金を借りるときのカードローンおすすめ審査では、勤続年数も重要視されています。

勤続年数が審査で重要視されている以上、転職直後や入社したばかりの新入社員は申し込みを待つのが賢明です。
半年から1年ほど経てば勤続年数が短くても影響を及ぼさないとされるので、しばらく待ってからお金を借りる申し込みをすると良いでしょう。
お金を借りる計画があるなら、転職前や学生時代に申し込みをしておくのがベストです。